メインコンテンツまでスキップ
Version: Current

Excelと連携する

概要

Lightning Reviewには、レビュー結果をExcel議事録に出力するExcel連携アドインがあります。
Excel連携アドインを利用することで、これまで使用していたExcel形式のレビュー議事録の形で出力できます。
決まった形式の議事録が求められる場合でも安心です。

ここでは、Excel連携アドインを使ってレビュー結果をExcelに出力する方法を説明します。

レビュー結果をExcelに出力する

事前にExcel議事録を準備しなくても、以下の手順で簡単にレビュー結果を出力できます。

  1. 対象のレビューファイルを開きます。

  2. 議事録を追加するExcelファイルを開きます。

  3. Excelの[Lightning Review]タブの[レビュー議事録シートの追加]をクリックします。

レビュー議事録のシートを追加して、Lightning Reviewで登録した指摘内容が出力されます。

画像もインポートする

指摘情報に加えて指摘・修正画像もインポートできます。

Excelに出力する前に、Excelの[Lightning Review]タブの[画像もインポート]をチェックしてください。

指摘とは別のシートを自動で作成し、画像を出力します。

info

既に議事録に取得した後からでも大丈夫です。
Excelの[Lightning Review]タブの[再インポート]をクリックすると、関連付けされたフィールドのデータとともに画像もインポートされます。

複数のレビュー結果をまとめて出力する

Excel議事録に複数レビューの情報をまとめて出力できます。

  1. Excelの[Lightning Review]タブの[レビュー議事録シートの一括追加]をクリックします。

  2. レビューファイルが格納されているフォルダを選択します。

フォルダ内に存在するレビューファイル分レビュー議事録のシートを追加して、
Lightning Reviewで登録した指摘内容がインポートされます。

レビュー議事録の内容をカスタマイズする

Excelにインポートする情報や場所を自由にカスタマイズできます。
これにより、既存の議事録や帳票を活用することができます。

info

任意のExcel帳票へ出力する手順は、「こちら」のページも参考にしてください。

カスタマイズ手順は以下です。

  1. 対象のレビューファイルを開きます。
  2. Lightning Reviewで登録した指摘内容をインポートするExcelファイルを開きます。
  3. Excelの[Lightning Review]タブの[データ連携ウィンドウを表示]をクリックします。
  4. [Lightning Review データ連携]ダイアログの[現在のレビューをインポート対象に設定]をクリックします。
  5. [Lightning Review データ連携]ダイアログの[マッピング]に表示されたフィールド名を、
    関連付けするExcelの表にドラッグ&ドロップして関連付けします。
    info

    関連付けされた[マッピング]のフィールド名は青文字になります。

  6. Excelの[Lightning Review]タブの[再インポート]をクリックします。

上記の手順で関連付けされたフィールドのデータをExcelの表に出力します。

ステータスの設定日・設定者のマッピング

レビューのステータスは、規定では「作成済」「検討済」「承認済」の設定日・設定者をマッピングします。
他のステータスとマッピングする場合は、以下の手順で必要なステータスの設定日・設定者を追加してください。

  1. 「レビュー議事録の内容をカスタマイズする」の手順1~4を実施する。
  2. [Lightning Review データ連携]ダイアログの[操作]をクリックし、
    [選択セルにステータスの設定日(設定者)のマッピングを追加]をクリックする。
  3. [選択セルにステータスの設定日(設定者)のマッピングを追加]ダイアログのボックスに、
    追加したステータス名を入力し[OK]をクリックする。

これで追加したステータスに対する設定日・設定者がマッピングされ、
関連付けされたステータスのデータがExcelの表にインポートされます。

info

上記のマッピングを削除する場合は[選択セルのステータスのマッピングを削除]してください。