メインコンテンツまでスキップ
バージョン: Current

Slack/Teams連携

概要

拡張機能「Slack/Teams連携」を使用すると、Lightning Reviewから Slack や Microsoft Teams に
レビューの修正依頼と確認依頼を投稿することができます。
レビューファイルのパスや指摘のIDが入った投稿文を自動で作成するため、
マウス操作だけでレビューメンバーへ連絡ができ、素早い情報共有が可能となります。

ここでは、拡張機能「Slack/Teams連携」の動作や設定方法を紹介します。

インストール

  1. [ツール]メニュー -[拡張機能の管理]をクリックし、[拡張機能の管理]ダイアログを起動します。
  2. [デンソークリエイト公式]より[Slack/Teams連携]を選択します。
    備考

    検索ボックスに”Slack”や"Teams"と入力するとすぐに見つけることができます。

  3. [インストール]ボタンをクリックします。
  4. Lightning Reviewを再起動します。

連携するチャンネルを登録する

  1. [ツール]メニュー -[Slack/Teams連携]をクリックし、[Slack/Teams連携]ダイアログを起動します。

  2. [新規作成]をクリックします。

  3. [チャンネルの設定]ダイアログにて、以下を行います。

    • 名前:ツール上で管理する連携設定の名前を入力します。
    • 対象ツール:連携先のツールを選択します。
    • URL:Slack/Microsoft Teams側で作成した連携用のURLを入力します。
    備考

    URLの取得方法は「SlackやTeamsと連携するためのURLを取得する」をご参照ください。

上記設定後、[テスト送信]リンクをクリックし、チャンネルへテストメッセージを投稿してみましょう。

修正・確認依頼を投稿する

レビューによる指摘の修正や修正結果は、以下の方法で連携先のツールに投稿します。

  1. [タイルビュー]または[グリッドビュー]にて、対象の指摘を選択します。
    備考

    指摘を選択していない場合、[確認済み]ステータス以外のすべての指摘が対象となります。

  2. [ツール]-[通知メッセージの作成]メニューをクリックし、[通知メッセージの作成]ダイアログを起動します。
    備考

    コンテキストメニューの[通知メッセージの作成]メニューからでも起動できます。

  3. [チャンネル]リストより、投稿先のチャンネルを選択します。
  4. 必要に応じてメッセージ欄を編集し、[送信]ボタンをクリックします。